交通事故弁護士を探そう

円満な交通事故の解決を目指します

交通事故の際には加害者の代わりに保険会社が被害者の方と示談交渉を行い、損害賠償額などを決めて交通事故の解決を図ります。
しかしお互い納得されたうえで自由に損害賠償額を決められるので、知識のない被害者の方が安易に示談に応じると低い損害賠償額を受け取ってしまうことが多いです。 交通事故の処理を依頼した弁護士は解任できるか

治療が終わっていないときに示談書に押印してしまうと治療費が打ち切られてしまうことがあります。
治療が終わってからが望ましいですが、自賠責保険の損害賠償請求権は2年という期間があります。
出来るだけ高い損害賠償額を得たいときは弁護士 交通事故専門に相談してみてください。

一番低い損害賠償額から順に自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士の基準と3つの基準があります。
弁護士にご依頼されると弁護士の基準をもとに、保険会社と示談交渉を行うので増額されるケースがほとんどです。
ご自身で保険会社と示談交渉する煩わしさもありませんし、被害者の方の立場に立ってサポートしてくれるので安心です。

交通事故の被害にあった場合、ショックも大きいです。
また痛みや後遺症は自己直後ではなくしばらく月日が経ってから現れる場合が多いです。
事故直後は大丈夫と思っていても、一度病院に行って検査してもらってから、
話合いをスタートした方がいいです。
人によっては、すぐに少額で示談に持ち込もうという方も多いです。
傷みもなく、外傷もないからと言って、すぐに受け入れずにまずは、警察に連絡。
その後、きちんと病院に行ってから対応を依頼する事が大切です。
その上治療費の話など、ややこしいですし気持ち的に追い詰められてしまうでしょう。
こういったことは実際に当事者になってみるとなかなかうまく進まないので、気軽に弁護士に相談してみることをお勧めします。