交通事故解決のための心得

円満な交通事故の解決を目指します:脳挫傷

円満な解決

交通事故でよく問題になるのが、後遺症のことになりますが、
その中でも入院や通院では完治しないものは「後遺障害」と
判断されて、損害賠償の対象となります。

これは交通事故によって受けた精神的、肉体的な障害で
将来においても回復が見込めないものが対象になりますが、
医学的にも証明できるものになります。

医学

むち打ちのような症状のものもありますが、脳挫傷などの
脳のダメージについては見た目ではわかりにくく、
「高次機能障害」といって感情のコントロールが取れなくなったり、
人とのコミュニケーションなどにも大きく影響する障害が
残ってしまう場合があります。

障害が残る

このような場合は、自己判断や自動車保険会社だけに
任せるのではなく、すぐに弁護士に相談することが必要です。
そうすれば「裁判基準」と言われるもので損害賠償を
交渉してもらえますし、もし自分に何か後遺障害が
残っても、代理で裁判を続けてもらうことができます。

裁判基準は、通常のものよりもかなり高額の賠償金を
受けることができますので、自動保険に入る場合は
「弁護士費用特約」を付加することが重要です。